風俗店側の体入活用

風俗店には女の子がそのお店を体験することができる体験入店(体入)という制度を設けているところが多い。それは基本的には女の子がお店を見るための期間であるが、それと同時にお店が女の子を見る期間であるとも言えるのだ。お店側は体験入店している女の子をどのように見ているのだろうか。

風俗店は一般的な企業とは異なる部分も多く、中には一般的な社会常識に欠けている女の子も少なくないようだ。そのため無断で当日欠勤を行う・あいさつなどをしない・上から目線の接客といったことをする人もいるという。ただ当然休みなどの連絡がなければお店としてもスケジュールを立てることが難しく、場合によっては予約をしたお客に迷惑をかけることも少なくない。またあいさつをしないなどの対応による悪評は女の子の人気だけにとどまらない。そのようなことをすることでお店自体の評価を著しく下げてしまい、ときとして定期的に通ってくれる常連客を手放すことにもつながってしまう。それだけに明るく元気・入った仕事は責任を持って行う・必要最低限の常識があるといった要素のある女の子を欲しがる風俗店が多い。求人情報でも「見た目に自信がなくてもやる気があれば稼げます」といったことを謳っていることが多いのも頷ける。そのためお店が体験入店の女の子を見るときには、健やかで明るく常識があり誰にでも好かれるような人間的な魅力があるかどうかということを見るのだろう。そのような部分がしっかりしていれば容姿やテクニックが良くなくても、お客に好かれやすくお店に対する貢献度も高くなる傾向にあると言える。

また風俗店の求人に応募してくる女性の中には何らかの問題を抱えている人も少なからず存在するようだ。それは急にヒステリックな態度を取る・急に心を閉ざすなど「メンヘラ」と呼ばれるような人。これはびっくりするようなキレイな容姿を持っているのにも関わらず、何らかの要因で内面的に壊れてしまったような女の子。普段は全く問題がないが何かの拍子に多くの人が引いてしまうような行動を起こすため、なかなか定職に就いて働くのは難しい。このようなタイプは普段の態度を見ているだけでは判断できないこともあり、体験入店だけでそれを見抜けないこともあるだろう。判断は難しいがそのような面があると感じたらすぐに行動をするか、容姿が良いということで雇い続けるかという選択はお店に委ねられるだろう。

ただどちらにしてもお店側から見る体入は、このように長い目で見てお店の悪評に繋がる要因を作る女の子であるかどうかを判断する制度だということも言えるのではないか。

広島風俗のバイトするなら!

風俗店の体入を利用した行為

風俗店においては女の子が本格的に入店する前に、お店のサービスや人間関係・働きやすい職場環境かどうかなどを前もって体験する制度がある。またどれだけお客が入っているかによってお店での稼ぎも違ってくるため、通常時と繁忙時の客の入りを確かめられるのもこの制度の良い点であると言えるだろう。それが体験入店(体入)と呼ばれるもので、風俗店のみならずキャバクラ・ガールズバーなどの水商売関連のお店でも多いと言われている。そして風俗店では体入中の女の子に対する待遇が良いお店も多く、それを求人情報などでアピールするところも多いという。ただ中にはそれを利用して稼ぐ女の子もおり、そのような人を「体入荒らし」と呼ぶこともあるという。

体験入店時の待遇は良くお客を優先的にまわす・お客とのサービス時は歩合で通常時は時給・バック率が高いといったメリットがあるということ。つまり多くのお客を取ることができ、しかもそこでもらえる給与も高く暇な時間でもお金がもらえるということだ。また体験入店中の給与は即日現金払いというケースが多く、すぐにお金を手に入れることができるのも嬉しいことだろう。そしてこのような待遇は体験入店の女の子のみに適応していることが多く、本入店後にこれだけ稼ぐためにはある程度の人気を獲得する必要があるという。そしてお店側からするとこのような良い待遇を出すことでお店を気に入ってもらい、できるだけ長く勤めてもらいたいという思惑もあるのかもしれない。ただこのような事情を知った上であえて体験入店を繰り返す女の子もいる。最初からそのお店に本入店する気はまるでなく、体験入店の期間だけでしっかりとお金を稼ぎ入店を断るということ。そのようなことをする事情は人によって異なるが、お金は欲しいがそこまでの金額は必要ではない・稼ぎたいけど深く風俗で働こうとは思わないというケースが多い。ブランドや服を買うために数万円だけ必要という場合は、数回だけ勤務をすれば目標金額に到達できる。確かにこのような目的でエッチな行為があまり好きでなければ、体験入店の数回だけ勤務して必要なお金だけをもらうということでも良いかもしれない。それに対しこのようなことを数回繰り返すような女の子もいる。確かに風俗店は様々な街に存在しているため、東京の首都圏などに住んでいる人であればいくつかの街でそれができる。また一回の体入で2週間前後ということも多いため、やり方次第では何店かのお店をまわることで定期的に稼ぐこともできるようだ。ただそういった女の子はサービス内容が悪いことも多いようなので、いざ働きたいと思ったときに稼ぐことができなくなるかもしれない。

風俗で体入する利点とは?

風俗店は全国各地に存在し業種もソープ・デリヘル・メンズエステなど幅広く存在している。そこで働いている人は何店もの風俗店を渡り歩くようなベテランから、風俗を初めて利用する女の子まで様々な経歴の女の子がいる。ベテランであればある程度業界のことが分かっているためあまり不安はないという場合も多いが、初めての女の子にとっては不安に思う部分も少なくないだろう。そのような女の子のために設けられているシステムが、そのお店の仕事を体験してみる「体験入店」という方法。働くお店のスタッフや同僚・お店のサービス内容・お客の質など自分が長く働くことができるお店であるかどうか判断するためには、この体験入店をしっかり行って行くことが重要だと言える。

この体験入店とは体入と略されることも多く、現在ではこの情報を主に取り扱っているサイトがあるなど風俗・水商売などの業界にとっては需要があると言えるもの。ではその体験入店とは主にどのようなものなのだろうか。その期間はお店によって異なっているが、1~5回程度の出勤回数・2週間以内の日数といった形で割り当てられていることが多いようだ。そのため1回だけではなく何日かお店の状況を見てから入店を決めたいという人にとって良いシステムであると言えるのではないだろうか。またお店によって異なるが1回だけの出勤日数でも良いので、良いと判断したらすぐに勤務をスタートさせたいという女の子にとっても良いだろう。またその期間の仕事内容や給与といった部分は、先輩風俗嬢とそこまで変わらない場合が多く「新人」として接客を行うことになるようだ。また風俗ではお店によって待遇に差はあるが、体験入店中は優遇される場合が多くメリットとなることも多いという。まずは「新人」ということでフリーのお客を優先的にまわしてもらえるということ。お店側としては体験入店中の女の子には長く働いてもらいたいし、それと同様にお客にも定期的にお店を利用してもらいたいという心理がある。また利用するお客としてはベテランの女の子よりも、「新人」で「風俗未経験」といった女の子を好む人も少なくない。それが若い女の子が多いようなお店であればなおさらだ。またお客が付かなくてもその時間は時給換算となり給与が保証されているという。それは写真などのプロフィールがない状態であるため、他の女の子に比べ露出が少なく指名されることも少ないからだと思う。そういった不利な状況も考慮されるので、体験入店であっても思った以上に稼ぐことができるということだ。