風俗店側の体入活用

風俗店には女の子がそのお店を体験することができる体験入店(体入)という制度を設けているところが多い。それは基本的には女の子がお店を見るための期間であるが、それと同時にお店が女の子を見る期間であるとも言えるのだ。お店側は体験入店している女の子をどのように見ているのだろうか。

風俗店は一般的な企業とは異なる部分も多く、中には一般的な社会常識に欠けている女の子も少なくないようだ。そのため無断で当日欠勤を行う・あいさつなどをしない・上から目線の接客といったことをする人もいるという。ただ当然休みなどの連絡がなければお店としてもスケジュールを立てることが難しく、場合によっては予約をしたお客に迷惑をかけることも少なくない。またあいさつをしないなどの対応による悪評は女の子の人気だけにとどまらない。そのようなことをすることでお店自体の評価を著しく下げてしまい、ときとして定期的に通ってくれる常連客を手放すことにもつながってしまう。それだけに明るく元気・入った仕事は責任を持って行う・必要最低限の常識があるといった要素のある女の子を欲しがる風俗店が多い。求人情報でも「見た目に自信がなくてもやる気があれば稼げます」といったことを謳っていることが多いのも頷ける。そのためお店が体験入店の女の子を見るときには、健やかで明るく常識があり誰にでも好かれるような人間的な魅力があるかどうかということを見るのだろう。そのような部分がしっかりしていれば容姿やテクニックが良くなくても、お客に好かれやすくお店に対する貢献度も高くなる傾向にあると言える。

また風俗店の求人に応募してくる女性の中には何らかの問題を抱えている人も少なからず存在するようだ。それは急にヒステリックな態度を取る・急に心を閉ざすなど「メンヘラ」と呼ばれるような人。これはびっくりするようなキレイな容姿を持っているのにも関わらず、何らかの要因で内面的に壊れてしまったような女の子。普段は全く問題がないが何かの拍子に多くの人が引いてしまうような行動を起こすため、なかなか定職に就いて働くのは難しい。このようなタイプは普段の態度を見ているだけでは判断できないこともあり、体験入店だけでそれを見抜けないこともあるだろう。判断は難しいがそのような面があると感じたらすぐに行動をするか、容姿が良いということで雇い続けるかという選択はお店に委ねられるだろう。

ただどちらにしてもお店側から見る体入は、このように長い目で見てお店の悪評に繋がる要因を作る女の子であるかどうかを判断する制度だということも言えるのではないか。

広島風俗のバイトするなら!

関連記事

NO IMAGE

風俗店の体入を利用した行為

NO IMAGE

風俗で体入する利点とは?