風俗店の体入を利用した行為

風俗店においては女の子が本格的に入店する前に、お店のサービスや人間関係・働きやすい職場環境かどうかなどを前もって体験する制度がある。またどれだけお客が入っているかによってお店での稼ぎも違ってくるため、通常時と繁忙時の客の入りを確かめられるのもこの制度の良い点であると言えるだろう。それが体験入店(体入)と呼ばれるもので、風俗店のみならずキャバクラ・ガールズバーなどの水商売関連のお店でも多いと言われている。そして風俗店では体入中の女の子に対する待遇が良いお店も多く、それを求人情報などでアピールするところも多いという。ただ中にはそれを利用して稼ぐ女の子もおり、そのような人を「体入荒らし」と呼ぶこともあるという。

体験入店時の待遇は良くお客を優先的にまわす・お客とのサービス時は歩合で通常時は時給・バック率が高いといったメリットがあるということ。つまり多くのお客を取ることができ、しかもそこでもらえる給与も高く暇な時間でもお金がもらえるということだ。また体験入店中の給与は即日現金払いというケースが多く、すぐにお金を手に入れることができるのも嬉しいことだろう。そしてこのような待遇は体験入店の女の子のみに適応していることが多く、本入店後にこれだけ稼ぐためにはある程度の人気を獲得する必要があるという。そしてお店側からするとこのような良い待遇を出すことでお店を気に入ってもらい、できるだけ長く勤めてもらいたいという思惑もあるのかもしれない。ただこのような事情を知った上であえて体験入店を繰り返す女の子もいる。最初からそのお店に本入店する気はまるでなく、体験入店の期間だけでしっかりとお金を稼ぎ入店を断るということ。そのようなことをする事情は人によって異なるが、お金は欲しいがそこまでの金額は必要ではない・稼ぎたいけど深く風俗で働こうとは思わないというケースが多い。ブランドや服を買うために数万円だけ必要という場合は、数回だけ勤務をすれば目標金額に到達できる。確かにこのような目的でエッチな行為があまり好きでなければ、体験入店の数回だけ勤務して必要なお金だけをもらうということでも良いかもしれない。それに対しこのようなことを数回繰り返すような女の子もいる。確かに風俗店は様々な街に存在しているため、東京の首都圏などに住んでいる人であればいくつかの街でそれができる。また一回の体入で2週間前後ということも多いため、やり方次第では何店かのお店をまわることで定期的に稼ぐこともできるようだ。ただそういった女の子はサービス内容が悪いことも多いようなので、いざ働きたいと思ったときに稼ぐことができなくなるかもしれない。

関連記事

NO IMAGE

風俗店側の体入活用

NO IMAGE

風俗で体入する利点とは?