風俗で体入する利点とは?

風俗店は全国各地に存在し業種もソープ・デリヘル・メンズエステなど幅広く存在している。そこで働いている人は何店もの風俗店を渡り歩くようなベテランから、風俗を初めて利用する女の子まで様々な経歴の女の子がいる。ベテランであればある程度業界のことが分かっているためあまり不安はないという場合も多いが、初めての女の子にとっては不安に思う部分も少なくないだろう。そのような女の子のために設けられているシステムが、そのお店の仕事を体験してみる「体験入店」という方法。働くお店のスタッフや同僚・お店のサービス内容・お客の質など自分が長く働くことができるお店であるかどうか判断するためには、この体験入店をしっかり行って行くことが重要だと言える。

この体験入店とは体入と略されることも多く、現在ではこの情報を主に取り扱っているサイトがあるなど風俗・水商売などの業界にとっては需要があると言えるもの。ではその体験入店とは主にどのようなものなのだろうか。その期間はお店によって異なっているが、1~5回程度の出勤回数・2週間以内の日数といった形で割り当てられていることが多いようだ。そのため1回だけではなく何日かお店の状況を見てから入店を決めたいという人にとって良いシステムであると言えるのではないだろうか。またお店によって異なるが1回だけの出勤日数でも良いので、良いと判断したらすぐに勤務をスタートさせたいという女の子にとっても良いだろう。またその期間の仕事内容や給与といった部分は、先輩風俗嬢とそこまで変わらない場合が多く「新人」として接客を行うことになるようだ。また風俗ではお店によって待遇に差はあるが、体験入店中は優遇される場合が多くメリットとなることも多いという。まずは「新人」ということでフリーのお客を優先的にまわしてもらえるということ。お店側としては体験入店中の女の子には長く働いてもらいたいし、それと同様にお客にも定期的にお店を利用してもらいたいという心理がある。また利用するお客としてはベテランの女の子よりも、「新人」で「風俗未経験」といった女の子を好む人も少なくない。それが若い女の子が多いようなお店であればなおさらだ。またお客が付かなくてもその時間は時給換算となり給与が保証されているという。それは写真などのプロフィールがない状態であるため、他の女の子に比べ露出が少なく指名されることも少ないからだと思う。そういった不利な状況も考慮されるので、体験入店であっても思った以上に稼ぐことができるということだ。

関連記事

NO IMAGE

風俗店側の体入活用

NO IMAGE

風俗店の体入を利用した行為